2010年9月10日金曜日

一つの事をやり遂げろ

平です。

東京は最近雨が降ってちょっと肌寒く
なってきましたね。

今日は
仕事に進め方についてお話をします。

仕事というものは

「勢い」を感じられているとき

もっとも上手く進みます。


その勢いというものは
モチベーションに火をつけます。

あなたを後ろから後押しします。

もしあなたが今行っている仕事に
モチベーションがなかったら

それは大きな問題です。


勢いを得る方法というのは、

一つのことをやり遂げて、次の
作業に移ることです。


終わりの見えない作業をだらだらと
行うことを好きな人間は誰もいません。

数か月も悩みながら仕事をするというのは
人間のやる気を本当に削ぎます。

やがてあなたは燃え尽きてしまうでしょう。

そうならないために

小さな成功を積み重ねる、という
習慣をつけてください。

それがどんなに小さなものであろうとも
業務に改善が見られれば、

モチベーションには火がつくものです。


ひとつの作業が長引けば長引くほど、

それを完成させることも難しくなります。

ひたすら商品の計画、開発だけをする
というのはつまらないものです。


お客さまに何かを与えて、その反応を見る
ということが楽しいのです。

一つのことに時間をかけ過ぎてはいけません。


もしあなたが長期にわたる仕事を行う必要が
あるのなら、

一週間に一個、(2週間に一個でもかまいません)

何か目標を決め、それを達成できるように
毎日仕事を行うのです。


そうすれば、それが達成できたときに
喜びが生まれ、あなたのモチベーションを上げます。


だらだらと先の見えない
仕事を行うのではなく、

この一週間で何ができるのだろう?

と自分自身に聞きながら、仕事を行ってください。

もう一度いいますが、
時間をかければいい仕事ができるとは限りません。

勢いがある間に
短時間で終わらせられる仕事
こそが

最も良い結果を生むのです。

2 コメント:

空也 さんのコメント...

為になるお話しありがとうございました。早速、会社で取り組んでみます。

空也 さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。