2010年7月26日月曜日

自分のビジネスに信念を持て

おはよう、平です。


そういえば先日
スタジオジブリの新作、

「借りぐらしのアリエッティ」を
観ました。

考えさせられる内容もありつつ、
なかなか面白かったです。


さて本日は事業に対する信念の持ち方の
お話をいたします。

非常に重要な話なのでよく読んでください。

成功している会社には必ず共通点があります。

それは会社の運営方針に確固たる信念を
持つということです。

ただお金を儲けるという目的だけで
製品やサービスを売っているのではないのです。

お客様にどんな手助けをしたいのか、
社会にどんな影響を与えたいのか、


確固たる信念を持ち、
それをお客様にご説明するのです。

そのような強い信念の基に
ビジネスを行っていけば
必ずファンがつきます。

そのような人たちはどんな広告も敵わない
「口コミ」という方法であなたの会社を
情熱的に宣伝してくれるのです。

しかし、確固たる信念を持つというのは
簡単なことではありません。

自信を持って、自分が信じていることを
他人に伝えていると、

「調子に乗るな!」
「偉そうなことを言うな!」

と批判を受けることもあります。

それが人生です。
自分を愛してくれる人がいれば
あなたの事を嫌う人もいるのです。

逆に、あなたのビジネスに
クレームをつける、怒り出す人が
全くいないのであれば、

あなたのビジネス戦略が退屈な
だけかもしれません。


もし同業者の商品と比べられて

「他社の商品には~があるのに
おたくの商品には~がない」

というクレームを受けたとします。

そこであなたに信念を持った戦略があれば、

「弊社は他社とは違います。

~が欲しければ他社に行ってください。

そのかわり弊社には~があります」

というようにお客様を説得できますし、
無駄に頭を下げることもなくなります。

例を挙げると、あなたが無農薬の野菜しか使って
いないオーガニックなレストランを
経営していたとしましょう。

仮に値段が他の店よりも多少高くても、
「健康にいい、ヘルシーな料理だけを
ご提供します」

という方針を分かりやすく打ち出していれば
必ず固定客をつかめるはずです。

なぜならそのような健康志向を持ち、
安いだけではない食べ物を食べたい、

という人は必ず世の中にいるからです。

つまり私が言いたいことは
あなたが自分の商品に誇りと信念を持ち

どのようなお客様に自分の商品を売りたいのか、
それでお客様にどう変わって欲しいのか


そこの考えがしっかりとしていれば

あなたのビジネスはきっと成功する、
ということです。

さあ、あなたの事業はどのような信念に基づいて
行われているか、もう一度再確認してみてください。

1 コメント:

さんのコメント...

賃金オンラインでパートタイムの機会が増加、貯蓄!
自分にチャンスがそれを理解するよ!
無料ホームページで入手、パートタイム情報ネットワーク
http://sn.im/vemma_an
グッド〜は良い1日毎日、あなたと一緒に幸せにきただけ